コンビニ クレジットカード

カード利用による領収書は先に通達しておくだけで問題なし

ドライブコーナー(ガソリンスタンドなど)を利用する際、領収書を切って貰う場合もあったりしますが近年ではクレジットカードであっても、領収書については通常と同じように切って貰えるようになっています。

また、良くクレジットカードなどを利用されている場合には、「いつもの○○です。領収書お願いします」と言っておくだけで、後はクレジットカードの利用と同時に領収書を発行して貰えるようなサービスまであったりします。

飲食店であったり、先ほどのドライブコーナーに関しては特にクレジットカードとの相性が良いので、今では有名なチェーン店などであればどこでも利用できるようになっていたりもします。ただ、このようなサービスについては対応していないお店も稀にあるのでご注意下さい。

それと、複数の商品を購入した場合ですが、そのような場合には支払いを現金でするよりクレジットカードの方がお得です。クレジットカードの場合、領収書だけでなくポイントサービスと言うものまでありますので、場合によっては値引きされた状態で商品を購入できるケースもありますし、先ほどのドライブコーナーでは看板などに「クレジットカード利用なら1回につき○円値引きします!」となっているお店もあります。

また、近年ではドライブコーナーに無人のものが増えておりますが、利用の際にヘルプボタンを押すと「領収書は領収書ボタンを最後に押して下さい」のような案内をしてもらえますので、特に不都合なくクレジットカードでも領収書を発行できるようになっておりますので、余りトラブルになるような事もなかったりします。

女性と相性の良いクレジットカードを教えます

女性が所持しているもので近年ではクレジットカードが高い人気になってきております。過去では収入に比例してクレジットカードを持てるかどうかという時代だったのですが、現代では女性専門のクレジットカードまでありますので、特に相性の良いものも存在するようになっています。

まず人気が特に高いものはショッピング専門のクレジットカードです。女性がクレジットカードを利用する理由と言うのは、買物が非常に多いので現金支払いが面倒と言う理由がトップなのですが、それもあってどのようなお店であってもクレジットカードと言うのは、ショッピング専門で発行できるようになっています。

また、いきなりクレジットカードを発行するのは気が引けると考えている人も多いものなので、まずはショッピングセンターなどに置かれているクレジットカードの発行とメリットについて書かれているチラシを貰ってくるようにしましょう。

バイトのチラシのように無料チラシのコーナーに設置されておりますので、わざわざ店員にクレジットカードについて質問をしないでも良いです。人によってはそのような対応をしてもらうと断るのが難しい・・・と言う女性もいるでしょうし、やはり最初はチラシの方がオススメとなります。

そして、どのようなクレジットカードが用意されているのかと言うと、男性の場合にはない女性用のコーナーで利用するとポイントが3倍以上も付くようなクレジットカードもありますし、場合によってはラウンジとされているカフェドリンクが無料になるコーナーの利用特典ありのものが、女性用のクレジットカードとして用意されています。

近年ではラウンジを利用したい女性も増えていますし、買物においては無料でドリンクコーナーを利用できるとホッと一息がつけますので、最初に発行するクレジットカードでは人気が高く、女性の場合にはショッピングとの相性はかなり良いのでオススメです。

カードを落とした場合の対応と勘違いを指摘する重要性

実際にクレジットカードを所持するようになると、クレジットカード会社からも連絡が入ったりする、もしくは最初に案内される事があるのですが・・・クレジットカード紛失については自己責任となります。

当たり前のように感じる人もいるかと思いますが、クレジットカードを落とした場合には何かしらの保障が絶対にあるもの・・・と思われている人は多く、後になってクレジットカード会社と揉めるようになっている人までいるので注意してほしいところです。

また、このようなクレジットカード紛失については落とした際には、クレジットカード会社に連絡をいれておくだけで後の対応はしてもらえるようになっています。ただ、その際には「クレジットカードの停止」のみをお願いしておくと良いでしょう。

と言うのも、外出中に落としたと思っている人に限って、自宅の自分の部屋をチェックしてみると床にクレジットカードが落ちていたりするからです。このような紛失に近い形でクレジットカード会社に「紛失してしまったので、悪用される前に紛失としての対応でお願いします」と連絡してしまうと、扱いは再発行となりますし現在のクレジットカードは利用できなくなるので注意して下さい。

また、クレジットカードを良く落としてしまう人はショップなどに置き忘れているだけという人もいます。このような場合では、親切にショップの店員がお客様の忘れ物として扱ってくれていたりしますので、最近利用したショップに電話をかけてみると自分のクレジットカードが見つかるケースもあります。

紛失の際には停止連絡と、最近利用したショップへの連絡の2つを忘れないようにして、素早くクレジットカードを回収できるように取り組みましょう。

初めてカードを利用する人はポイント特典を知っておこう

最近では、サービスの殆どに特典と言う単語が登場しますが、こちらについては初めてクレジットカードを利用する場合においても存在しますので、これから初めてクレジットカードを利用する人には特にオススメです。例えば、旅行など専門のトラベルサービスでもポイントサービスと言うものがあったりするのですが、クレジットカードを利用するとポイントまで追加されるので非常に便利です。

通常の旅行代理店利用時には、ポイントなどはつきませんし現金支払いなので支払ってしまえば後は旅行に行くだけです。ですが、先ほどのポイントサービスを利用している状態(クレジットカードを利用して旅行されている状態)であれば、通常より多いポイントが付くケースもありますし、旅行先でトラブルなどが起きた場合でも保険のような形式で対応をしてくれるケースまであるのです。

何より、クレジットカードを利用して申し込みをすると、今どれだけのポイントがたまっているのかチェックできますので、クレジットカードについてはポイントの利用し忘れがないのも特徴です。

過去に旅行代理店などを利用していて特典チケットやハガキを貰った事がある人であればわかっていただけるかと思いますが、このようなチケットなどで支給されてくると期限内に利用するのを忘れてしまうケースが多いものです。

実際にそのようなトラブルに遭遇している人もいますので、そのようなポイントを期限付きで上手に管理できない場合にはクレジットカード一択で利用の方が良いでしょう。さらに、ポイントサービスの面白いところは、ためるほどに利用できるキャンペーンであったりサービスが増えていく事です。

クレジットカードならロードサービスも受けられる

自動車を利用されている人の場合、クレジットカードをもっているだけでメリットが多いものです。例えば、最近では自動車保険とクレジットカードがコラボされているケースが目立っていますが、中々に便利なのでオススメしたいものです。

そのサービス名は「ロードサービス」と言うものです。過去では、保険会社などが担当となっていたのですが、最近ではクレジットカード会社の方でも専門的に対応されているサービスなので、既に自動車を所持されているのであれば、このようなサービスについてもクレジットカードに付帯させておくと良いです。

ロードサービスに加入をされていると、基本的には自動車サービスのほとんどを無料で行ってもらえるようになっています。有名な保険会社のものでは、自動車などのタイヤやエンジンが故障となってしまった場合の牽引作業が無料であったりします。

通常では、牽引だけでも1万円以上もかかりますし、さらにちょっとだけ高めのサービスに申し込みをして保険に加入をしていると、なんとロードサービスの殆どでガソリン給油のサービスまでついてくるのです。

1ヶ月に数回までと制限されてはいるのですが、先ほどの牽引で指定の工場に運んでくれるだけでなく、更にガソリンタンクに給油までしていただけるのですから、これは美味しいクレジットカードのサービスだと言えるでしょう。

また、ロードサービスについてはクレジットカードを発行する際に、併せて申し込みできるようになっておりますので、後になって付帯させないといけない・・・と言うものでもありません。しかも、ロードサービスを利用していても特にクレジットカードの利用金額については影響しませんので、安心して使っていけると言うメリットまであります。

初心者でもクレカの使い方を学ぶのは難しくありません

クレジットカードについてですが、使い方において難しいものと言うのは少ないです。流石にいきなりクレジットカードを利用するに当たってギャンブルをされると言う人はそこまで多くはないように思いますが、通常のクレジットカードの利用であれば下記のような利用方法で統一されているような状態です。

クレジットカードの利用についてですが、まずはカードリーダーと呼ばれているものにセットをすると、カードに存在している情報を照合してくれるようになっています。そして、お買物などをされた際には合計金額がモニターに表示されますので、そちらを確認後でクレジットカードの「確認ボタン」と言うものを押すようにするだけで良いです。

他の操作はありませんし、スーパーやコンビニなどの買物であっても、クレジットカードの利用については大きな変更点はありません。また、このような利用をされていると、ついつい使いすぎたりするかも知れないと思ってしまう人もいますが、クレジットカードには上限額と言うものが決まっておりますので、ずっと使い続けたり、もしくは高級な商品をまとめ買いすると言うのは、ほぼ不可能であったりします。

クレジットカードは初回購入金額と言うものが決まっていて、ある程度の利用でその金額(設定)が段々とゆるくなっていきますので、利用が大きい人の場合には支払い実績も多くないとクレジットカードは段々と利用限度額が狭まっていくようになっています。

例えば、40万円まで利用OKとなっていても、不安定な使い方として高い商品を連続で購入していると、場合によってはクレジットカード会社から連絡があり注意される事もありますし、単純に限度額が低くなる場合もあります。

それと、先ほどのカードリーダー以外の支払い方法では、クレジットカードをショップの店員に渡してから書類に記入を行い商品の契約を結ぶと言うものがあるくらいです。ここまでで、特にクレジットカードについては難しいものではないと理解して頂けたかと思いますので、安心してクレジットカードを利用して頂ければ幸いです。

カードを使えない飲食店は今では数えるほどしかないと言う事実

過去ではクレジットカードと言うのは飲食店では利用できませんでした。例えば、レストランなど高級料理店であればクレジットカード対応のお店もあったのですが、それこそ数えるほどのお店だけでもありましたし、またクレジットカードそのものを所持する(発行する)と言うのは一般人では不可能でもあったのです。

ですが、現代では10万円からでもクレジットカード発行が可能ですし、実際に40代女性が用途によってクレジットカードを所持されているような時代でもあります。統計では、ショッピングや自動車購入などでクレジットカードをもたれていたり、もしくは飲食店などでもクレジットカードは使われているような状態になっているのが示されていたりもします。

そして、このように施設であってもクレジットカードを利用できるようになっておりますので、実を言うとクレジットカードを利用できない施設・ショップと言うのは殆どなくなってきているのが事実であったりするのです。

つまり、現代においてクレジットカードはどこでも利用できると言う風に解釈をしても問題ないのです。よくショップで利用すると言うイメージでクレジットカードを考えている人もいますが、次のようなお店であってもクレジットカードは利用できます。

例えば、居酒屋がそうです。居酒屋と言うと現金支払いのお店が多いように思われていますが、個人店であってもカードリーダーがあればクレジットカードの読み取りが可能ですし、基本的にチェーン店であればクレジットカードの全てに対応しているほど未対応のお店は少ないです。

さらに運動施設もそうなのですが、今ではクレジットカードではないといけないような施設もありますので、ショップを長期的に利用しサービスを受ける・・・と言うケースであっても、クレジットカード1つで済むようになっているのです。

低い限度額からでもクレジットカードは持てるようになっておりますので、必要であれば1枚だけでも所持されておいた方が生活をスムーズなものへと変えていけるでしょう。

セキュリティに実績があるのでクレジットカードは利用者が多い

昔の情報を鵜呑みにしてクレジットカードのセキュリティについて考えていると、クレジットカードを発行するのが億劫になったりするものです。ですが、今のクレジットカードであれば利用だけでなくセキュリティについても完備されていますので、その信用を元にしてクレジットカードを発行されている人が増えていたりします。

クレジットカードのセキュリティでは、個人で登録情報を変更できるようになっている部分もありますが、こちらは個人情報として住所などの情報を変更できるだけではなかったりします。例えば、次のような使い方もできますので良ければ実践してみて下さい。

セキュリティにも使える情報変更その1ですが、個人情報の次いでで「1日の利用額の限度」を自分で決めておけるようになっています。通常であれば、クレジットカード会社が10万円ほどで設定をしておりますが、悪用されるケースもありますので半分の5万円としておくのがオススメです。

次の情報変更ですが、個人認証を求めるかどうかについても細かい設定ができるようになっております。例えば、自分のクレジットカードを誰かが勝手に利用すると言うのを防ぐために、決められたパスワード(文字入力など)が行えるかどうかをチェックするかどうか・・・と言う設定も、クレジットカードであれば行えるのです。

クレジットカードではなくキャッシングカードでも同じような機能があったりしますが、こちらは声・指紋に関する認証となっており細かい変更には対応していないのが特徴ですので、クレジットカードとは別物であったりします。

このようにクレジットカードは日進月歩の歩みを見せておりますので、現代においては若者であっても利用者が増えていると言うわけです。

キャンペーンを利用してお得なクレジットカードをゲットしよう

クレジットカード会社ではキャンペーンを行っておりますので、もしキャンペーンを利用してちょっとした副収入(節約など)をされたいのであれば、そのキャンペーン中でクレジットカードの申し込みを行うようにしてください。

また、年中でクレジットカードのキャンペーンが行われているように感じるかもしれませんが、実際は今ではクレジットカードの「種類が増えている」だけなので、そのような事実はなかったりします。

具体的には、新しい大型のショップとしてスーパーなどが誕生すると、その大型ショップ特有のクレジットカードが発行されるようになっているだけです。また、このような大型ショップのキャンペーンと言うのは、余り美味しい特典でもありませんので、利用をするのであればクレジットカード会社のものか、もしくは自動車と言った商品の単価が高いものに絞った方が良いです。

と言うのも、先ほどのキャンペーンであればクレジットカードを発行したときだけではなく、「お得なご利用キャンペーン」までクレジットカードに付いてくるからです。具体的なものでは、自動車とクレジットカード会社でコラボしているキャンペーンがあるのですが、こちらであれば商品が数万円以上も安くなるキャンペーンがありますし、更にクレジットカードに多くのポイントが入るのでオススメとなります。

これらのキャンペーンについては、終了後においても継続的に行われる簡易キャンペーンがあったりしますので、キャンペーン終了と同時にクレジットカードの利用に旨みがなくなるわけでもなかったりします。結論となりますが、クレジットカードはキャンペーンと非常に相性がよいのです。

カードを紛失してしまった場合は先ず連絡を行うのが最適

クレジットカードの紛失に関しては、クレジットカード会社で対応してくれるようになっています。なので、もし紛失してしまったとしても以前に利用をした店舗などをチェックしないでも良いです。

場合によっては既に誰かが拾われているケースもありますし、更に別のケースでは店舗の方が拾った際に保管されているケースもあるので、そのまま地面に落ちている状態で紛失・・・と言うのは非常に少ないものです。

このような場合に陥ったら、まずはクレジットカードのサービスセンターに問い合わせをするようにします。どうしてサービスセンターなのかと言うと、お客様のトラブルを受け付けている部門がサービスセンターにまとまっている事が多いからです。人によっては再発行、人によっては紛失などのトラブルがありますので、紛失のみで対応をしている部門は少なかったりします。

そして、こちらの現状をサービスセンターで連絡をするわけなのですが、クレジットカードを紛失したと言う連絡だけで良いので、わざわざどのような状態で紛失をしてしまったのか・・・と言う、警察で落し物の届出を出す際の連絡などは行わないでも問題ありません。

その後、クレジットカードのサービススタッフが対応をしてくれますが、基本的に悪用される心配があるのがクレジットカードの定めでもありますので、連絡と同時に不正使用されないようにネットからも利用できないような状態となります。

この際に、通販などでクレジットカードを利用していると利用できない施設が出てきたりするかと思いますが、日数にして再発行は1週間程度となりますので、それまではクレジットカードの支払いができないものと判断しておいた方が良いです。